男はつらいよ 寅次郎物語 下市口

餘部の帰り道、そのまま帰宅するのももったいなく某所でマルヨして吉野に向かった。
これまたワンパターンである。行って見たい場所はいっぱいある、でも再訪ばかり・・・。

62.jpg

近鉄吉野線下市口から国道309号に向かう道路をたまたま通った。周辺は何度も通っているがこの商店街は初めてだった。
しかし脳裏に横切ったのは「寅さん」に登場する秋吉久美子が出てくる化粧品屋がある通りだ。これまでここは「上市」付近にあると思っていて、訪れる機会はなかなかなかった。しかし今回初めてこの通りを通ってすぐピンときた。すぐ車を駐車場に入れた・・・。

2017.8.20 奈良県古市口駅前通り商店街

61.jpg

こちらが映画のシーン。私が撮ってる反対側でもここを撮る若い女性の2人組みもいた。彼女らも寅さんマニアか?!
近くの開いてる店で当時のことを聞いてみた。やっぱり即答でかえってくる記憶があるようで、聞くほうも嬉しい。
映画に写ってるのは誰々さんとか、楽しい話を聞かせてくれた。話してくれた方は撮影の年に子供を出産されたようで、そのことと記憶が相乗しているようである。そのお子さんは今年30になられたとか・・・。

IMG_5804.jpg

古市口から古市を通り天川村に向かった。洞川、ここもまた好きなところになっている。なんかこの雰囲気。やはり古い3階建てに弱い・・・。

2017.8.20 洞川温泉街

IMG_5831.jpg

なんかここの町は郡上八幡に似た感じがする。深く知らないからそう感じるだけか。

IMG_5864.jpg

帰りは酷道309号から国道169号にぬけた。標高1000mを越える場所にある「行者還トンネル」。凄い名前だ。

スポンサーサイト

ぷらっと但馬

先日2日分の青春18きっぷを使い3日分はどう使うかと考える間もなく娘から3日分ない?とのLINEが来た。彼女は2日分使って最後の1枚は相賀から横浜まで帰るつもりだったが、やっぱり新幹線で横浜に帰ることになった。それもわざわざ京都経由だそうな。そのおかげで1日分のきっぷが私のところに戻ってきた。
そうなると天気の良いうちに使わなければと・・・・思った。

IMG_5549.jpg

夜勤終わって30分ほど仮眠して柘植駅に向かった。柘植8:33の電車に間に合った。草津まで出て新快速でとりあえず西へ・・・。
ところが土曜とはいえかなりの混雑。座れそうになかったので守山まで戻ることに。途中いきなりスーパーレールカーゴとすれ違った。
「あっっ、遅れてる」そうなるとサンライズのことが気になった・・・。調べたら豊橋で打ち切りだった。でも回送で下るはずと思ったがせっかくの天気で駅撮りは・・・と思いすぐに戦意喪失。とりあえず上り貨物を。諦めがいいと、自分でも思った。

2017.8.19 守山 上り貨物

IMG_8370.jpg

新快速を姫路まで乗り通し、結局播但線へ。そうなるとだいたい行き先は絞られてくる。
寺前では厚化粧で綺麗になったおなじみの車両が待機中。

2017.8.19 寺前

IMG_8401.jpg

その後は、乗り継ぎ・・・乗り継ぎ・・・で餘部まで到達。あまり芸のない行程。つい3週間前にもここの駅を通過している。

2017.6.19 餘部

IMG_8442.jpg

餘部からは3週間前に浜坂から乗った同じ列車。もうVSOPである。

2017.8.19 餘部

IMG_8443.jpg

今回は淡白に5枚でまとめました(・・・雑)。その他、撮ったやつはまたいずれか。
ほんま餘部から草津~柘植まで、3週間前と同じ行程なんですぅ。
発車間際の新快速。なんか夜行みたいに郷愁が・・・。ただ疲れただけかな。

2017.8.19 草津 もう23時半くらいです。


2017 くまの花火大会 

今年も花火は無事終了した? ようです。JRが用意設定した列車も最終的にはたいした遅れもなく運転終了した(?)のかな。

下り3007Dが二木島~新鹿間で鹿と衝突。ちょうどその頃は花火観客の帰路の輸送が順調に行われていた頃です。
ストップした3007Dの影響で各列車は行き違いが出来る駅で軒並み停車。その影響は最大30分ほどに広がりました。
ところが去年からキハ25を投入しすべての列車の性能が揃った事でダイヤは回復に向かいます。当然3扉のロングシート車の始発熊野市駅での威力も発揮です。

IMG_5535.jpg

ご覧のように行き違い駅の関係で運転できる列車の数には限りがあります。0時を過ぎた頃には20分延の列車はなくなっていました。
DD51の客車急行やキハ40、58系なんかで運転されてた頃はとにかく遅れが増す一方で「回復」の文字はありえなかったというのが私の実感です。
そういや去年も似たようなことを書いたかな? 来年もお付き合い願います。

IMG_5534.jpg

これは娘からもらった花火の画像です。横浜からわざわざ見に来て・・・。
明日は東京と神奈川の間の「多摩川花火大会」にいく・・・らしいです。

2017.8.17

2017 夏の房総半島のローカル線

今年の8月は天気が悪い。それも関東では顕著のようだ。東京では16日連続の降雨を観測している。
それでも夏休みはやってくる。毎年、自分の計画通りに晴れないかと思うがそうはいかない。

IMG_5322.jpg

前夜の12日、明日の関東全体の予報は良くない。その結果、友人といすみ鉄道はやめて東武の「大樹」に行こうと決めた。
しばらくして、少しだけ房総半島にいい予報があるのを見つけた。でもこれは色々なサイトのものであり良いものもあれば悪いものもある。
自分としては悪い物は信じず、良いものにすがりたい。ここで私の「わがまま」がでて、やっぱり「いすみ」に行こうと友人に連絡をいれた。

アクアライン海ほたる、ここまで来たら神奈川はまずまずの空だったが、千葉方面はご覧の通り・・・。

2017.8.13

IMG_5329.jpg

海ほたるから横浜側を見ると冬の快晴時には綺麗な富士山が見れるという案内板があった。一度、この景色を拝みたいものである。

IMG_7859.jpg

まず、最初は小湊鉄道に朝の挨拶。霧が出ていて晴れ間もある。これは晴れる前兆の景色のようだ・・・!

小湊鉄道 上総川間~上総舞鶴

IMG_7868.jpg

少し振るとこんな感じ。空が明るくなってきている!!

IMG_7878.jpg

しかしながらいすみ沿線に到着すると明るい曇り。なんだかなぁ。。。。。

2017.8.13 大多喜~小谷松

IMG_7888.jpg

埼玉から陸続きにやってきた友人と合流して撮影開始。しかしベタな曇りに消沈モード。適当な撮影でしょ。。。

国吉~上総中川

IMG_7899.jpg

そして次はキハの登場。明るくはなったが日差しがまったく届きません。。。

上総東~新田野

IMG_7918.jpg

大原からの折り返し列車がやってきた。良いことにヘッドマークなしである。天気の悪い日はマークなしで運転するというアナウンスがあったことを思い出した。ということは今日は一日、このキハ52を狙うことになりそうだ。

新田野~国吉

IMG_7947.jpg

国吉での停車時間の間に先回り、いつしか稲穂が垂れ頭。。。あぁ、晴れで撮りたかった。

国吉~上総中川

IMG_7969.jpg

さらに先回り。でも一向に天候回復の兆しはない。やや投げやりな気持ちになっている。

大多喜~小谷松

IMG_7983.jpg

列車は遅いので各駅間で1枚撮らせてくれる。こんな天気では追っかける以外に手はない。国鉄型キハだから!!
バックには百日紅(さるすべり)を入れてみた。

東総元~久我原

IMG_8001.jpg

しつこく先頭狙い。まるでジャングル。。。

総元~西畑

IMG_8012.jpg

ここでカメラを振って止めてある車と記念撮影。この時、急にここだけ日が!!↑のカットの10秒後くらい。 でもなぁ・・・。

IMG_8020.jpg

次の区間、やっぱり日差しはありません。ここのSカーブを抜けると終点の上総中野に到着です。

西畑~上総中野

日本食堂

私がここの記事を書くのは少々恐縮ではあるが今日はすこしだけ・・・。
かつて国鉄線路上を走る長距離特急には食堂車が連結されていた。この写真館にご来場される方々にも色々想い出がある方もおられると推測する。
昔から機関車のカットモデルを店先に置いたり、鉄道部品等を店内に飾った店は多々あった。
しかしここは当時の食堂車のメニューを再現してるようで(?)皿は「北斗星」のグランシャリオのものを使ってるそうな。

IMG_5482.jpg

メニューとしてはたいしたものはなかった。ただ大阪万博の頃にはやったらしい、ミートソーススパの上にポークカツレツをのせたものは私としては伝説に聞いていたものなので少々目新しかった。

IMG_5485.jpg

やっぱりそれを注文してしまった。後方には気になる行き先板もあったり・・・。
座席やテーブルの写真は撮ってませんが座席はかつての東海道新幹線の35型半室ブッュフェ車の席を模していたのは嬉しい小細工でした。店内のつくりは食堂車という雰囲気はまったくなく「メニュー」の復刻店ということらしいです。

IMG_5486.jpg

う~ん、準急のものか? 薄いホーロー板でした。

IMG_5487.jpg

店とは少し離れた駅構内で発見!! ちょっと懐かしかったです。
老後、この店でアルバイトしたいと旧友と話ししたかどうかはご想像におまかせします。

2017.8.15 神田駅構内
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる