枕崎駅

ちょっと連動型で今日も「枕崎」を。

IMAG2615.jpg

これは前回と同じ1985年の7月の様子。まるで廃墟のようにも見えるが日中線の熱塩駅よりはましでした。
この頃だと京都の嵐山の玄関口の嵯峨駅もかなり凄い印象がありました。
この駅舎自体はもともとは鹿児島交通のものだったそうです。鹿児島交通薩南線は1984年春に廃止されてます。


IMAG2613.jpg

自分の乗ってきたキハ47はこの全開された窓のあるところかも??

IMG_6557.jpg

さらにさかのぼること1980年に行ったときの枕崎駅の入場券です。国鉄駅だと100円だった時代にここは30円でした。30円というのは鹿児島交通の料金ですね。
余談ですが当時の情報では、西鹿児島駅の硬券入場券は西口のみ販売ということがマニアの間ではふれわたっていたようです。
スポンサーサイト

わが国鉄時代 ③

東京から西鹿児島まで「はやぶさ」でやってきた。目的もなく乗り換えたのがこのキハだった。初めてここ枕崎を訪れたときはキハ26の400番台とかいった面白い車両が連結されていたが、5年後再訪のこの時は冷房車が連結されていた。しかしこの時は窓を開けられるキハ47を選んだようだ。



ここは九州最南端線区、雰囲気は紀伊半島南端部とどこか似ている所が多い。例にもれずホームには「はまゆう」が植えられていた。街の雰囲気もどこか同じ匂いがした。

1985.7  枕崎
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる