藤の季節

昨日(26日)の昼食は皆で話し合って気分を変えるため海の見える公園で弁当を食べることにした。

IMG_2632.jpg

しかし天気がイマイチだったので海の色もイマイチ。よって海は入れずに撮った。でも藤の花が綺麗にさいていた。

2017.4.26 紀北町豊浦海岸

IMG_2631.jpg

画像にはほんの少しの新緑もいれてみた。空や海がイマイチな色のときはあんまりこういうものは撮りたくないが、藤が綺麗だったので撮りたくなった。
そしてこの夜は鵜殿~新宮で仕事。弱い雨の中での作業だったが2時には終了。3時過ぎには帰宅できた。
ちょっと遅いがこれから春休み気分で連休を過ごします。
スポンサーサイト

花粉症が・・・・・

自宅に戻って5日がすぎても花粉症の症状がな。これは凄いことだと思う。
病院内は空調管理がよいからだと思っていたが、家に帰って外の空気に触れてもなんでもない。
三重南部は連日の「非常に多い」予想が続いている。3月始めには毎年のごとく薬を飲んでた。
咽頭声帯部摘出と花粉症、主治医は当然耳鼻咽喉科の先生だから、退院したら覚悟はしておいてくださいと言われていた。

416.jpg

こんな快適な春の日々をおくるのは35年以上ぶりだ。綺麗な夕日もじっくり感じることができる。

東京マラソン 2017

いつの頃からか「東京国際マラソン」ではなく「東京マラソン」になっていた。

IMG_2085.jpg

ちょうど総武中央緩行線の上り電車が飯田橋に停車したときにパチリ。
華やかでありみんな元気だ。地味な色が少ないように見えてしまう。

2017.2.26 飯田橋

勝浦市


勝浦といえば和歌山県の那智勝浦町か千葉県の勝浦市をうかべるだろう。
徳島には海から離れた場所に勝浦町というのがある。

22.jpg

ここ千葉の勝浦市は太平洋に面した南東側。漁港でもあり雰囲気は那智勝浦に良く似ている。

21.jpg

ここの商店街はまだ生きていました。

20.jpg

漁港はこんな感じ。たまに三重や和歌山の船やトラックも来るそうだ。

23.jpg

ちょっと分かり難いが「勝浦駅」は橋上駅。これは紀伊勝浦と同じです。当然直流電化。

24.jpg

この駅名標を見ると千葉って感じですね。

25.jpg

これは再登場。おまけ。
以前尾鷲のスーパーの店内に何か見覚えのある大きな写真が壁いっぱいに掲示されてました。なんと尾鷲なのにこの千葉の勝浦の漁港の写真でした。なんで尾鷲に千葉の勝浦が・・・て思ってましたが理由をきくこともありませんでした。
また若い頃、ツーリングに行って財布を落として、おばあちゃんに拾ってもらったこともありました。勝浦警察に引き取りに行ったときは房総半島1周に東京湾フェリーに乗ったりと、思い出深い町でもあります。南紀の勝浦とあわせて好きな町の一つでもあります。

引本浦

「引本浦」。今日は私の住む街を紹介します。街といっても本題は海と堤防ですが・・・。

20170205-4.jpg

1枚目は街の北側にある山にある公園から。昭和のはじめ頃、町民の憩いの場として開山され遊具など一切ない古くからの展望公園です。かつては4月に山開きが行われいろいろな催しがあり、特に楽しみは「竹ようかん」の販売でした。
この標高100mくらいの山ですが子供の頃から眺めていた景色。いまもほとんど変わりありません。

2015.9

20170205-2.jpg

こちらは引本灯台。伊勢湾台風のあとに整備されたようです。この低いか弱そうな堤防でも台風の高波はけっこう和らげてくれ私たちの街を守ってくれました。

1978.9

20170205-3.jpg

しかし防災面ではやはり心配が多く現在までに2回に分けてかさ上げ補強されてゆきます。
灯台の高さと比べて前後の写真と判断してみてください。

1985.9

20170205.jpg

こちらが今の高さ。これになってからは自宅からは海は見えなくなりました。

2017.2.5

20170205-5.jpg

参考までに便石山からのを1枚。これで大体の地理関係はお分かりいただけるかと・・・。

2012.5.5 2088レ 相賀~尾鷲

プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる