ぶらり倉吉

山陰本線の倉吉駅から南に「国鉄倉吉線」があった。倉吉駅は元は「上井駅」と名乗ってた。
市の中心部は倉吉線の打吹駅付近で昔は「倉吉駅」を名乗っていたようだ。この駅名改称にはさらに歴史があるのでそちらは割愛させていただく。

さて今日の「男はつらいよ 寅次郎の告白」の舞台、倉吉。公開は1991.12

IMG_5790.jpg

家出した泉(後藤久美子)と寅さんが偶然出会う橋。泉は豆腐の入った鍋を川に落とします。
少し下流で遊んでいた子供たちが「あっ、豆腐だぁ!!」と・・・・。

IMG_5811.jpg

上の場所から別の方角を見ると観光地となった打吹地区。

IMG_3422.jpg

左から2つ目の建物が寅さんたちがお世話になる駄菓子屋。常連脇役の杉山とく子さんの名演技がひかります。

倉吉線は高校時代に乗りました。16年くらい前にも前職の社員旅行で来ましたがその時はゆっくり見る時間はなし。コンデジで撮った画像はメモリーカードの容量の関係から小さいサイズで撮ったら見れたもんじゃありませんでした。
去年の良い季節に再訪出来てよかったです。

2017.6

DSC02010.jpg

当時そのままのサイズです・・・。

2002.4.6
スポンサーサイト

夫婦岩

昨日夫婦岩のしめ縄の張替えがあったとローカルニュースでやってた。ここ三重県の二見町(現伊勢市)でも1987年に寅さんのロケがあった。和歌山~吉野~志摩と続く話の最後のバイの場面だ。

CCF20170906_00000.jpg

私自身ここに行った記憶はなくなっていた。いやはやちょっとヤバイかも?
ここは結婚前の嫁を三重に連れてきたときに方々回ったときに行ったようだ。ん・・・・。

1992.4

男はつらいよ 寅次郎物語 下市口

餘部の帰り道、そのまま帰宅するのももったいなく某所でマルヨして吉野に向かった。
これまたワンパターンである。行って見たい場所はいっぱいある、でも再訪ばかり・・・。

62.jpg

近鉄吉野線下市口から国道309号に向かう道路をたまたま通った。周辺は何度も通っているがこの商店街は初めてだった。
しかし脳裏に横切ったのは「寅さん」に登場する秋吉久美子が出てくる化粧品屋がある通りだ。これまでここは「上市」付近にあると思っていて、訪れる機会はなかなかなかった。しかし今回初めてこの通りを通ってすぐピンときた。すぐ車を駐車場に入れた・・・。

2017.8.20 奈良県古市口駅前通り商店街

61.jpg

こちらが映画のシーン。私が撮ってる反対側でもここを撮る若い女性の2人組みもいた。彼女らも寅さんマニアか?!
近くの開いてる店で当時のことを聞いてみた。やっぱり即答でかえってくる記憶があるようで、聞くほうも嬉しい。
映画に写ってるのは誰々さんとか、楽しい話を聞かせてくれた。話してくれた方は撮影の年に子供を出産されたようで、そのことと記憶が相乗しているようである。そのお子さんは今年30になられたとか・・・。

IMG_5804.jpg

古市口から古市を通り天川村に向かった。洞川、ここもまた好きなところになっている。なんかこの雰囲気。やはり古い3階建てに弱い・・・。

2017.8.20 洞川温泉街

IMG_5831.jpg

なんかここの町は郡上八幡に似た感じがする。深く知らないからそう感じるだけか。

IMG_5864.jpg

帰りは酷道309号から国道169号にぬけた。標高1000mを越える場所にある「行者還トンネル」。凄い名前だ。

中国勝山

姫新線、中国自動車道の開通後は衰退激しい路線であった。今は高速道路の開通でこのようになってる場所は多々あるだろう。
かつて大阪から急行列車が運転されていたが高速バスに変わっていったモデルのような路線だと思う。

中国勝山

何度か乗った姫新線、当時は国鉄型の40系でやってきた。すでに閑散としていてイメージは廃墟のような駅だったがずいぶん前に改築されたようだ。私の記憶はもっと古いようだ。こんなに立派に見えても優等列車なんかは走ってない。普通列車しかこないのだ。それも姫路まで直通なんてあるわけない。

2017.6.4 中国勝山

中国勝山2

ここは「寅さん」最終話に登場する伝統ある酒蔵。なかなか雰囲気がある、やっとのことで訪れることができた。
でも車の運転だったので酒はおあづけ・・・。キハ120で、ここまで来るのはもうかなりの勇気と体力がいるかもしれない。

中国勝山3

川をはさみ同じ酒造の建物を眺めた。日差しは強いが風が心地よく最高の「ぶらり日和」だった。

中国勝山4

最後は津山市内の旧武家屋敷群。満男が泉ちゃんの花嫁の車列を妨害する通りだ。寅さんマニアならすぐわかるだろう。
ここは再訪、以前は天気が悪かった・・・・。

2017.6.4 津山市内

丹後半島

去年の秋にも行ったが「秋」を見ると「春」も見たくなる。半島の外周ドライブは23年ぶり。

丹後半島2

ここは寅さんが伊根に向かうのに宮津線に乗るのを間違え山陰本線で豊岡に行ってしまい、バスで半島外周を伊根に向かう。
断崖絶壁の道路をバスがやってくる。

2017.5.20

丹後半島

こちらがそのワンカット。

丹後半島3

順は前後するが伊根の漁港。雰囲気は地元とそれほど変わりない。

丹後半島4

奥に見えるのが由良の海岸。スッキリ、クッキリなら対岸の列車が見れるのかな。
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる