中国勝山

姫新線、中国自動車道の開通後は衰退激しい路線であった。今は高速道路の開通でこのようになってる場所は多々あるだろう。
かつて大阪から急行列車が運転されていたが高速バスに変わっていったモデルのような路線だと思う。

中国勝山

何度か乗った姫新線、当時は国鉄型の40系でやってきた。すでに閑散としていてイメージは廃墟のような駅だったがずいぶん前に改築されたようだ。私の記憶はもっと古いようだ。こんなに立派に見えても優等列車なんかは走ってない。普通列車しかこないのだ。それも姫路まで直通なんてあるわけない。

2017.6.4 中国勝山

中国勝山2

ここは「寅さん」最終話に登場する伝統ある酒蔵。なかなか雰囲気がある、やっとのことで訪れることができた。
でも車の運転だったので酒はおあづけ・・・。キハ120で、ここまで来るのはもうかなりの勇気と体力がいるかもしれない。

中国勝山3

川をはさみ同じ酒造の建物を眺めた。日差しは強いが風が心地よく最高の「ぶらり日和」だった。

中国勝山4

最後は津山市内の旧武家屋敷群。満男が泉ちゃんの花嫁の車列を妨害する通りだ。寅さんマニアならすぐわかるだろう。
ここは再訪、以前は天気が悪かった・・・・。

2017.6.4 津山市内
スポンサーサイト

丹後半島

去年の秋にも行ったが「秋」を見ると「春」も見たくなる。半島の外周ドライブは23年ぶり。

丹後半島2

ここは寅さんが伊根に向かうのに宮津線に乗るのを間違え山陰本線で豊岡に行ってしまい、バスで半島外周を伊根に向かう。
断崖絶壁の道路をバスがやってくる。

2017.5.20

丹後半島

こちらがそのワンカット。

丹後半島3

順は前後するが伊根の漁港。雰囲気は地元とそれほど変わりない。

丹後半島4

奥に見えるのが由良の海岸。スッキリ、クッキリなら対岸の列車が見れるのかな。

八つ墓村

おなじみ映画「八つ墓村」。最初の萩原健一主演のやつではなんと金田一耕介は渥美清が演じる。どうみても寅さんである。
松竹の製作であるから「男はつらいよ」に登場する役者さんたちも登場したりする。

201070219.jpg

しかしやっぱりここに登場した山崎務は迫力があった!! すごく怖かった。
ここは岡山県の山中にある広兼邸。何度か製作される「八つ墓村」に必ず登場する。

2010.5 新緑が綺麗だった

20170219-2.jpg

ライトアップされると聞き、同じ日の夕暮れから再訪した。しかし自分のほかは誰もいなかった。

2010.5

男はつらいよ 寅次郎の縁談 えとせとら・・・

昨日の「ブラタモリ」は金比羅山だった。見終わったら寅さんにも金比羅山があることを思い出した。
舞台は瀬戸大橋開通後の備讃瀬戸の小さな小島。ヒロインは松坂慶子。2度目の登場だ。

IMG_1411.jpg

松山でのサザンのコンサートツアー初日に同級生のY君と行った帰りに寄り道した。
彼とは若いころから車で四国や山陰地方を車で走り回っている。彼とは必ず車だ。珍しいことに彼も鉄道は好きだが一緒に列車に乗ったことはない。ただ、会津若松駅で上下の客車列車から手を振り合ったことはある。携帯電話のない時代に・・・。

IMG_1416.jpg

ここのうどんやは「ちびまる子ちゃん」でもモデルとして使用されたようだ。

IMG_1438.jpg

ここまでは「俗」の世界。振り返ると「聖」の世界。神の場所である。

IMG_1439.jpg

これより中は店はないといってだが「飴」を売っている。「五人百姓」と言われる人たちで大昔からあるそうな。
これはブラタモリで知った。
後ろ姿はY君。お互いどこに行こうかとか言わないでも不思議に気は通じる。サザンの松山初日が告知されたときは、お互いに「行くしかない!!」と言い、彼がチケットを用意してくれた。自分は格安で行ける方法を考案し実行した。

IMG_1472.jpg

寅さんにもブラタモリにも登場した金比羅山の境内。途中の参道は奈良の生駒の寶山寺に似ていることは前にも書いた。
その寶山寺の寅さんに登場するのも松坂慶子だ。なにか縁があるのだろうか・・・。

2015.4.12 琴平 金比羅山

男はつらいよ! 「謹賀新年・柴又篇」

本日1月15日、やっとのこと元日分にたどりつきました。「不連続」ゆえ好き勝手な記事公開、とんでもない方向へ向かうことばかりですが、お暇ならお付き合い願います。

IMG_1356.jpg

まずは寅さんが登場する「矢切の渡し」からスタート。ここ江戸川の河川敷は大勢の人でにぎわっていました。
凧上げしてる親子なんかもいて本当は「ラストしーん」の光景でしたが・・・。

2017.1.1 江戸川 柴又側

IMG_1352.jpg

正月ということで、満員御礼の矢切の渡しがいったりきたり・・・。

IMG_1489.jpg

柴又帝釈天(題経寺)への参道は大混雑。関東の寺社門前の参道はいつもこんなもんかそれ以上。

IMG_1374.jpg

そして・・・次は「くるま菓子舗」。ちょっと人が多いせいでカメラに手があたりぶれてしまいました。

IMG_1384.jpg

店では寅さんが居眠りしてる最中でした。ここは腕が悪いのでブレてしまいました。

IMG_1387.jpg

おっ、ちゃんと裏にはタコ社長の工場もありました。いい雰囲気です。労働者諸君!! も、登場。

IMG_1395.jpg

のぞいてみると社長と博さんが仕事中。おじゃましました・・・。

さらに奥に進むとリニューアルされたようで、さらにお楽しみが。後半へつづく・・・(ここだけは、ちびまる子ちゃん風に)。

寅さん博物館でした。


プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる