松山

松山駅が高架化される計画のようだ。もう38年も前だがここをうろうろ撮っていたようだ。

IMAG1642.jpg

入換え据付なのか発車なのかわからない。当時、伊予西条から西ではDE10の客車が走っていたことはたしか。

1980.3. 末 松山

IMAG1643.jpg

これが上の写真の本務機かも・・・。

IMAG1636.jpg

客車がいっぱい。キハの姿が少ない。

IMAG1645.jpg

左端は高松からの急行、キニのが最後部に連結されていた。到着を待ち、上り普通列車の発車だ。

IMAG1638.jpg

構内から離れて三津浜よりの踏切から。
スポンサーサイト

端岡駅

どみやんさんの写真帳blog派出に現在の端岡駅が出てたので連動・・・。

IMAG1763.jpg

たしか高松からこのDF50の列車に乗ってきてここで降りた記憶が。高松を後に出た急行「あしずり」中村ゆきに道を譲ります。
こちらの列車は普通「川之江・高知」ゆき。

1980.8 14 端岡 125レ

IMAG1764.jpg

それにしても長い。あの非力なDF50が10両の客車を引いてる。

IMAG1765.jpg

暑い真夏の運転室の状況が想像できそうな・・・。カマは元亀山の31号機だ。
前はスハフ42の重連を含む客車5両が川之江ゆき。後ろの荷物車含む5両が高知ゆきだったかと。
列車が出て行ったあとは、ただ暑いだけの静寂の戻った気がする。いまの感性だと、ミンミンゼミが鳴いていただろうと想像もできる。

1980.8.14

久しぶりに再会

高見島から多度津港に戻った後は町内をぶらり・・・。そのあと構内を西側から南側に半周。

IMG_0004.jpg
 
四国の113系。私の記憶が正しければ「南コツ」から譲渡されてきた電車だったかと。もしかすると通勤でお世話になった113系だったかも。
大昔には亀山から移籍したDF50が留置されていた場所でもあります。

2018.4.8 多度津

IMG_0005.jpg

なんか光るライトが見えたかと思ったら電機のうなりが・・・!! しかしそれだけではありません、1両目は普通のコキ114でしたが・・・。

IMG_0007.jpg

2両目のコキの色が変!! すぐさま頭の中にもしや・・・!! と、蘇りコキ110です。そしてそれは5・・・。

IMG_0009.jpg

コキ110-4、3、と続き。

IMG_0011.jpg

そのまま2、1と順序よく連結されていました。
紀勢貨物最後の頃は紀勢貨物運用に封じ込められていたコキ110の5両と5年ぶりにまさかの場所で再会したのであります!!

2018.4.8 多度津

多度津跨線橋から・・・

昨日で使用停止となった多度津構内にあった跨線橋。

DSC03955.jpg

私が最後に渡ったのはもう16年まえ。

2002.6.16 多度津

IMAG1577.jpg

その上からは構内の線路がたくさん見えます。なぜか急行色のキユ25。キユの前はキハ20.20.26・・・と続くようです。

1980.3.23 多度津

IMAG1579.jpg

四国タイプの61号機が登場。

IMAG1593.jpg

2つの貨物列車、いろんな貨車が連結されてます。前面補強の四国タイプと紀勢からの転属(25号機)がならんだ様子。
25号機はすでに1陣で転属しているのでエアフィルターも銀のやつに交換済み。

IMAG1598.jpg

とにかくDF50がいっぱい!! 奥には亀山から来たままの24号機が、そのままの姿で留置。

IMAG1581.jpg

入換えはもちろんDE10。これがその後、本線機になるとは・・・。

1980.3.23

急行「鷲羽」と宇高連絡船を乗り継ぎ、初の四国上陸。理由はDF50に再会するため。亀山から高松に転属しさらに活躍できるカマはすでに四国入りしていたようだ。
たいした予備知識ももたず、とりあえず時刻表をたよりに朝の客車列車がたくさん見れる多度津に向かった。
乗った列車は早朝1番のDF50の客レだった。

IMAG2164.jpg

早朝の多度津、暗いいうちに着いたが構内にはいくつかのDF50の姿があった。
どちらも亀山からの転属組の31号機と62号機。  

1980.3.23 多度津

IMAG2172.jpg

紀勢線では貨物のプッシュプルはあったが客車列車では初めて見る。そして長い!!

1980.3.23 多度津

IMAG2174.jpg

そして元特急用のスハフ43に遭遇!! 初撮り。

1980.3.23 多度津

IMAG2178.jpg

これはさらに再訪の時に乗った列車。紀勢線では客車6両が普通だったが、ここではこんなに長い!!

1980.8 予讃線 讃岐塩屋~多度津
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる