元禄15年12月14日

12月14日といえば赤穂浪士の討ち入りの日だ。中学3年のときの担任であり社会の先生は歴史の時間やホームルームの時間を使い「赤穂浪士」の話をしてくれた。聞く生徒よりも話す先生のほうが本気ではまり込んでいた。いや、その主人公になってきっていたようである。
そのときの話を真剣に聞いていた人はいるのかな?自分は結構、聞ききっていた。
就職したのが東京都港区高輪3丁目。なんともより駅は都営地下鉄の「泉岳寺」駅であった。12月14日になると「義士祭」が行われたくさんの人が訪れていた。今もそうであろう。

19991214.jpg

この場所は「千種川」。まったくの山間地帯で海などは見えない。ここが沿岸の播州赤穂とは新幹線時代にはほとんど知らなかったかった。もっと瀬戸内海よりだと思っていた。この先の片上鉄道とのクロスの場所なんかもほんの一瞬で通過するそっちが気になりここはただ見過ごす場所だった。あとで知ることになるがここは兵庫県赤穂市だ。反対川の山には古びたでかい看板があった。「赤穂」と書かれていた。
まっ、あんまり関係ないですが、今日はこういう日というのがこの時から頭に入ってました。
この記事を書いてる最中にもう一つ思い出したのが、両親の結婚記念日でもある。

1999.1 山陽新幹線 姫路~相生
スポンサーサイト
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる