夜汽車

夜を徹して走る夜行列車を夜汽車と呼ぶか、暗くなってから夜間を走る列車を呼ぶか・・・。
そんなことはどうでもいい。自分の感じ方で「夜汽車」であればいい。
30年くらい前なら当然、「夜行列車」であったかもしれない。

IMAG0523.jpg

これでも今ならじゅうぶん「夜汽車」。こんな列車でもう旅に出ることはほぼ皆無な時代になった。

1981.10 127レ 相賀
スポンサーサイト

今日も夕方は・・・・

ええ天気やった・・・。

IMG_6372.jpg

IMG_6373.jpg

こんな感じのええ天気でした。この頃の335Dは紀伊長島で後ろ2両を切り離し。以南は1両でした。

2011.6.23 335D 三野瀬~紀伊長島

夏草や~~~~。。。

ぼちぼち沿線の草刈作業が目立つようになってきた今日このごろ・・・。
この日は相賀駅裏の草ボウボウの中から写真を撮っていた。

IMAG0092.jpg

日傘を差したお客さんやら当時の普通の光景。下り線にはDD51 1043が単機でやってきた。
日曜日なのでセメントの荷は休みみたいだ。

1981.7 相賀 単5191レ

IMAG0093.jpg

少しして上り普通列車が入ってきた。前夜、天王寺を23時に発車した名古屋ゆきだ。

1981.7 924レ 相賀

IMAG0094.jpg

この名古屋ゆきは「はやたま」くずれの列車なので普通車には号車札がしっかり入っている。
当然東京基準が守られ、左側(和歌山方)から普通車は3.4.5.6.の順。新宮で切り離された寝台が1.2.である。
この日は好きなナンバー、オハ46 395。関係ないが、その番号に電暖改造した数字をキャッシュカードの暗証番号にしたのも久しい(複数枚あるうちの1枚)。

IMAG0095.jpg

お客さんを乗せ走り去る列車。それを見送る助役さん。当時は手作業でキッチリした仕事がなされていた時代だ。

1981.7 924レと単5191レ

朝の下り一番列車

日が昇り、静かな入り江に朝の一番列車がやってきた。

IMG_0324.jpg

早くから起きて撮影にでかけ、そして仕事に。この頃から普通に早朝から目が覚めるようになっていたのかな?

2012.6.8 323D 紀伊長島~三野瀬

銚子川を渡る特急「南紀」

IMAG1292.jpg

昼すぎの銚子川を渡り、名古屋に向かう特急列車。当時はこの風格がスピードが遅くても特急という感じがした。
「くろしお」から移行された編成もキシを抜いた6両。3往復体勢がしばらく続いた国鉄時代だった。

1982.10 4D 相賀~尾鷲
プロフィール

DF50 34

Author:DF50 34
ただいま準備中・・・いつまでも準備中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる